REPORT

eyecatch

『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-』ゲネプロレポート!

毎公演大盛況のミュージカル『黒執事』の最新作は、原作でも人気が高く、昨年好評を博した「切り裂きジャック篇」をリニューアルして上演。新たなキャスト、演出、楽曲を加え、『ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015-』が11月21日(土)に赤坂ACT シアターで開幕しました。

eyecatch

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」ゲネプロ&囲み取材レポート!

2015 年11 月14 日(土)にハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」が幕を開けた。

今回はそのゲネプロと囲み取材の様子をレポート!


マンガ・アニメからそのまま飛び出してきたようなキャストが舞台を所狭しと駆けまわって、

本当に、バレーボールの試合を行っているかのような汗を流しながら演技する姿に観客は引き込まれ、

「ハイキュー!!」の世界の一員になったかのような気持ちになる。そんな熱い、魂のこもった舞台だった。

eyecatch

三井住友VISAカード presents ワールドプレミア ミュージカル『プリンス・オブ・ブロードウェイ』公開ゲネプロレポート!

「オペラ座の怪人」「エビータ」「スウィーニー・トッド」「蜘蛛女のキス」など、手がけた作品はキリがなくどれも有名な、演劇界を代表する演出家であるハロルド・プリンス氏。その新作ミュージカルが、世界に先駆け、東急シアターオーブにて開幕しました。

eyecatch

「No.9-不滅の旋律-」囲み取材&公開ゲネプロレポート!

誰もが知る天才作曲家「ベートーヴェン」の波乱と苦悩の人生を、演出家白井晃さんによって、全く新しい視点で描き出す新作舞台『No.9-不滅の旋律-』。開幕を前日に控え、赤坂ACT シアターにて囲み取材と公開ゲネプロが行われました。


タイトルの「No.9」とは、合唱を組み合わせた「歓喜の歌」が高名で、通称「第九」と呼ばれる、ベートーヴェンの代表作「交響曲第九番」。特に日本ならではだが、年末に各地で演奏される曲なので、誰もが一度はどこかで聞いたことがあるだろう。


囲み取材には、ベートーヴェンを演じる主演の稲垣吾郎さん、本作が舞台初挑戦となる大島優子さん、ベートーヴェンの一途な愛を受ける恋人ヨゼフィーネを演じる高岡早紀さん、ベートーヴェンの希望に適うピアノ制作で彼を支えたピアノ技師役のマイコさんを迎えて行われた。

eyecatch

「ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.14『The Love Bugs』」製作発表レポート!

9 月24 日(木)、都内ホテルにて「ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.14『The Love Bugs』」の製作発表が行われました。

eyecatch

「赤坂大歌舞伎」囲みインタビューレポート!

2015年9月7日(月) 赤坂ACTシアターにて開幕した「赤坂大歌舞伎」。開幕を間近に控えた劇場ロビーで、出演者による囲みインタビューが行われました。


『操り三番叟』は、能楽の儀式舞踊である「三番叟」を基に、糸繰りの人形が三番叟を踊るというユーモア溢れる舞踊となっており、中村勘九郎さんが三番叟を軽やかに舞います。 『於染久松色読販 お染の七役』は、宝永年間に大坂で実際に起きたお染と久松の心中事件を題材に、物語の舞台を大坂から江戸に置き換えた作品。中村七之助さんが、年代も性別も立場も異なる主要人物七役を魅せます。

eyecatch

ミュージカル「100万回生きたねこ」フォトコール!

世界中に愛され続ける佐野洋子原作の絵本『100万回生きたねこ』の傑作ミュージカルが待望の開幕!!


期待のキャストにはNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」での好演が記憶に新しい、高度な身体能力を持つ実力派俳優・成河(そんは)。

eyecatch

英国版来日公演ミュージカル「TOP HAT」公開記者会見レポート

ダンスの神様と呼ばれるフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースによるハリウッドの黄金期のミュージカル映画を原作とし、 2011 年にイギリスで上演されるとともに大きな評判を呼び、2013 年には、権威あるローレンス・オリヴィエ賞3冠に輝いた「TOP HAT」が、この秋、日本へやってくる。

eyecatch

「No.9-不滅の旋律-」制作発表レポート

この秋、赤坂ACT シアターで上演される話題の舞台「No.9-不滅の旋律-」。

7月14日・都内にて主演の稲垣吾郎さん、共演の大島優子さん、演出家の白井晃さんと脚本の中島かずきさんの4 名を迎えた製作発表が行われました。

eyecatch

ミュージカル「100万回生きたねこ」制作発表レポート

佐野洋子原作のベストセラー絵本「100万回生きたねこ」がインバル・ピント、アブシャロム・ポラック演出、ねこ役:森山未來、白いねこ・女の子役:満島ひかりでミュージカル化されたのが2013年。そして2年後の本年、再び上演される。今年公演のねこ役は成河(ソンハ)、白いねこ・女の子役は本作が初舞台となる深田恭子。製作発表では、音楽監督・阿部海太郎、バンドメンバーと一緒に楽曲を披露。

eyecatch

「赤坂大歌舞伎」制作発表会見レポート

「赤坂大歌舞伎」は2008年9月、十八代目中村勘三郎さんの「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」という一言から始まったもの。世話物の傑作『狐狸狐狸ばなし』/松羽目物『棒しばり』を上演し、これまで歌舞伎を観たことがなかった方々からも関心を喚起するという偉業を成し遂げた第1回目。山田洋次監督の補綴による『文七元結』/舞踊『鷺娘』にて、伝統を継承しつつ、現代、世界に通じる舞台で観客を魅了した2010年。そして2013年には、中村勘九郎、中村七之助兄弟が亡き中村勘三郎の遺志を継ぎ、勘三郎さんの当り狂言であった『怪談乳房榎』を上演するなど、常に話題を生み出した数々の舞台を展開してきました。


4回目となる今年9月の公演では、糸操りの人形が三番叟を踊る、ユーモア溢れる舞踊『操り三番叟』と、主要人物七役早替りが見所の『於染久松色読販 お染の七役』の2演目を上演。先日、製作発表が行われました。


紅白の提灯や幕が設えられ、まるでお祭りのような高揚感に包まれた今回の製作発表会見。VTRで今までの「赤坂大歌舞伎」紹介、主催者・出演者の挨拶、マスコミの質疑応答、そして赤坂芸妓からの花束贈呈というサプライズもあり、賑やかな会見となりました。

eyecatch

三井住友VISAカード presents ワールドプレミア ミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」制作発表レポート

6月17日、都内ホテルにてミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」の制作発表が行われました。

eyecatch

ミュージカル『サンセット大通り』制作発表レポート

5月13日、都内にてミュージカル『サンセット大通り』製作発表が行われました。


1995 年のトニー賞で、主演女優賞、作品賞など7部門を受賞したアンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作ミュージカル。2012 年に上演された日本初演では、主人公・ノーマ役を演じた安蘭けいさんが第38 回菊田一夫演劇賞を受賞するなど高い評価を得ました。

今回の再演では、ノーマ役に安蘭けいさん、そして濱田めぐみさんをW キャストに迎え、演出家・鈴木裕美さんの元、サンセット大通りで繰り広げられる大女優の愛憎劇が再び幕を開けます。


今回の製作発表は、大勢のマスコミと招待を受けたオーディエンスが見守る中で開催。その模様をレポートします。

eyecatch

ミュージカル「サンセット大通り」ジョー役 平方元基さん、柿澤勇人さん、アーティ役 水田航生さんインタビュー!

1995 年のトニー賞で、主演女優賞、作品賞など7部門を受賞したミュージカル『サンセット大通り』が待望の再演。


――芸術を愛しながらも、己の栄光が過ぎ去ったことを認められず、自らの屋敷に閉じこもる大女優・ノーマ。そこへ偶然転がり込むことになった、売れない脚本家のジョー・ギリス。二人の関係は愛憎を孕み、息もつかせないスリリングな展開で衝撃のラストシーンへと転がっていく……。


ノーマ役は、2012 年の日本初演から続投となった安蘭けいさんと、新たに濱田めぐみさんを迎えての夢の競演。運命に翻弄されていく売れない脚本家のジョー・ギリス役は、平方元基さんと柿澤勇人さん。

組み合わせによる違いが楽しめるWキャストに、演出家・鈴木裕美さんが再び濃密な人間ドラマを色付けていきます。


ジョー役の平方さんと柿澤さん、そしてジョーの親友・アーティを演じる水田航生さんの3人にお話を伺いました。

eyecatch

ブロードウェイ・ミュージカル『CHICAGO<シカゴ>』記者会見レポート!

ブロードウェイ歴代2 位のロングランミュージカル『シカゴ』の主演に、連続テレビ小説『マッサン』のヒロイン・エリー役を務めたシャーロット・ケイト・フォックスさんが決定!

10 月のブロードウェイ公演と12 月の来日公演に先駆けて、記者会見が行われました。

eyecatch

宝塚歌劇宙組 赤坂ACTシアター公演 ミュージカル「TOP HAT」通し舞台稽古&囲み取材レポ ート!

2015年4月5日(日)に開幕した宝塚歌劇宙組 赤坂ACTシアター公演 ミュージカル「TOP HAT」の通し舞台稽古&囲み取材が行われました。


モノクロ映画を彷彿とさせるイントロムービーに続き、天井のミラーボールが回り出す。スクリーンが上がると、そこには――。金色のスーツに身を包み、愛嬌たっぷりの表情で、軽やかなタップを踏むのは、朝夏まなと。ハリウッドのミュージカル映画黄金期を代表する名作が、新たな輝きをまとってよみがえる興奮に、思わず胸が躍った。

eyecatch

airweave presents 「バラーレ」公開ゲネプロレポート!

2015年3月7日(土)に開幕したairweave presents「バラーレ」。歌舞伎俳優としてだけでなく、演出家としても著名な坂東玉三郎さんが、ストリートダンスとコンテンポラリーダンスの融合により、世界でただ一つのオリジナルダンススタイルで脚光を浴びているダンスカンパニー“DAZZLE”の演出を手掛けました!各界から注目されている本公演の公開ゲネプロが、赤坂ACTシアターで行われました。その模様をレポートいたします。

eyecatch

赤坂サカス文楽 制作発表レポート!

2015年3月24日(火)に開幕する赤坂サカス文楽。赤坂ACTシアター初お目見えとなる「文楽」と「能」の共演です。高橋睦郎氏による解説や、文楽の人達による文楽解説があり、演目は鑑賞が初めての方でも理解しやすい内容のため、初心者でも楽しんでいただけます。先日出演者を迎えて製作発表が行われましたので、その模様をレポートいたします。

eyecatch

ブロードウェイミュージカル「メンフィス」公開通し稽古&囲み取材レポート!

2015年1月30日(金) から赤坂ACTシアターにて開幕したミュージカル「メンフィス」。

初日を前に主演の山本耕史さん、濱田めぐみさんを迎えての囲み取材と通し稽古が行われましたので、その模様をレポートいたします。

eyecatch

宝塚歌劇宙組 赤坂ACTシアター公演 ミュージカル「TOP HAT」制作発表レポート!

2015年4月5日(日) から赤坂ACTシアターにて開幕するミュージカル「TOP HAT」。

宝塚宙組・次期トップスター朝夏まなとさんのお披露目公演ともなる本公演の制作発表が、脚本・演出の齋藤吉正さん、次期宙組トップコンビの朝夏まなとさん、実咲凛音さんを迎えて行われましたので、その模様をレポートいたします。