REPORT

eyecatch

ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15「ZEROTOPIA」囲み取材&公開ゲネプロレポート!

4月9日、地球ゴージャスVol.15「ZEROTOPIA」が開幕した。

前回から2年の時を経て行われるVol.15には、元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希礼音、ミュージシャンとしての活動以外にも様々な分野で挑戦し続けている西川貴教をW主演に迎え、さらに若手実力派俳優の新田真剣佑、そして、宮澤佐江と花澤香菜がWキャストで参加。主宰の岸谷五朗・寺脇康文を筆頭にバラエティに富んだキャスト陣が揃った。

初日を翌日に控えた4月8日、囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

eyecatch

ミュージカル『生きる』製作発表記者会見レポート!

映画監督の黒澤明の没後20年となる今年、1952年に発表された代表作『生きる』を、黒澤作品として世界で初めてミュージカル化することが決まった。

映画版で名優・志村喬が演じた主人公の渡辺勘治役は、日本のミュージカル界を長年に渡りリードし続ける市村正親と鹿賀丈史がダブルキャストで挑む。渡辺の一人息子の光男役には、今回が初ミュージカル出演となる市原隼人を抜擢。さらに、物語の語り手となる小説家に扮するのは実力派俳優の新納慎也と小西遼生が、ヒロインの小田切とよ役には、歌手のMay’nとミュージカル女優・唯月ふうかが、共にダブルキャストで、渡辺を苦しめる助役は、個性派俳優の山西惇が演じる。

4月3日、豪華キャスト陣に加え、演出の宮本亜門、作曲・編曲のジェイソン・ホーランド氏が一堂に会し、製作発表が行われた。

eyecatch

ミュージカル『メリー・ポピンズ』プレスコール・囲み取材レポート!

3月25日、ついにミュージカル「メリー・ポピンズ」の日本初演が開幕!早くも話題を呼んでいるが、3月23日、初日に先がけプレスコールが行われ、楽しくファンタジックな世界がマスコミに披露された。その後、オリジナル演出家であるサー・リチャード・エアをはじめとした海外スタッフ、メリー・ポピンズ役の濱田・平原、バート役の大貫・柿澤による囲み取材が行われ、公演への意気込みを語った。

eyecatch

宝塚歌劇月組 TBS赤坂ACTシアター公演 ミュージカル『雨に唄えば』珠城りょう、美弥るりかインタビュー

MGM社の看板俳優としてミュージカル映画の一時代を築いたジーン・ケリーが、どしゃぶりの雨の中を軽やかに歌い踊るシーンで知られる『雨に唄えば』。宝塚歌劇では、その名作のブロードウェイ版に新たな場面や華やかさを取り入れ、2003年に星組、2008年に宙組が上演。いずれも好評を博した。そんな歴史ある作品を10年ぶりによみがえらせるのは、日本を舞台とする現代劇『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』および、ストーリー仕立てのアグレッシヴなショー『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』で、さらなる進化を遂げ、大作ミュージカル『エリザベート』が控える月組。不思議な作品との〝縁〟を明かした珠城りょうさんと美弥るりかさんが、親友役を演じられる思いや、公演へ向けた意気込みを語ってくれました。

eyecatch

宝塚歌劇月組 TBS赤坂ACTシアター公演 ミュージカル『雨に唄えば』制作発表会レポート!

今年6月、 宝塚歌劇月組公演 ミュージカル『雨に唄えば』がTBS赤坂ACTシアターで上演される。宝塚歌劇では2003年に安蘭けい、2008年に大和悠河主演で上演されて以来10年ぶりの上演となる。サイレント映画がトーキーへと移り変わる1920年代のハリウッドを舞台に描く、明るく陽気なミュージカル・コメディだ。

3月19日に行われた制作発表会では、月組トップスターの珠城りょうと、月組スター美弥るりかによるパフォーマンス披露も行われ、早くも期待が高まる会見となった。その模様をリポートする。

eyecatch

ミュージカル『メリー・ポピンズ』公開稽古・囲み会見レポート!

開幕まで、あと約1カ月。都内某所にあるミュージカル『メリー・ポピンズ』の稽古場は、今まさに佳境を迎えている。2月13日、マスコミに向けて稽古場が公開され、いち早く2つのシーン披露が行われた。

eyecatch

ONWARD presents 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』Produced by TBS 製作発表レポート!

昨年3月、豊洲にオープンした「IHIステージアラウンド東京」のこけら落としとして、豪華キャストを迎え、進化を続けながら“花・鳥・風・月”4つのシーズンを上演してきている、劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』。このビッグプロジェクトのラストを飾る“Season極”が3月17日より上演される。今回の物語は『修羅天魔』と題し、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”。完全新作になるという。

1月18日、主演の天海祐希、新感線の看板俳優・古田新太らメインキャストが集い、製作発表が行われた。

eyecatch

ダイワハウスSpecial 地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.15「ZEROTOPIA」製作発表レポート!

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット地球ゴージャスは、“劇団”という枠にとらわれず、岸谷と寺脇以外のメンバーはゲストとしてキャストを迎え、プロデュース公演というスタイルで上演してきた。

2年ぶりとなる第15弾は「ZEROTOPIA」と題し、沈没した豪華客船から必然的に生き残った男女達に待ち受ける運命を描く。


12月5日に行われた製作発表の冒頭では、MCの水田航生と植原卓也が出演者の名前を一人ずつコール。集まったファンたちの歓声を浴びながら、W主演を務める柚希礼音と西川貴教、新田真剣佑、宮澤佐江、花澤香菜らがレッドカーペットを歩き、最後に岸谷と寺脇が腕を組んで登場した。

eyecatch

ミュージカル『メリー・ポピンズ』製作発表・囲み会見レポート!

ミュージカル『メリー・ポピンズ』はパメラ・トラバースの小説を基に製作され、世界的大ヒットとなった映画「メリー・ポピンズ」を、ディズニーとキャメロン・マッキントッシュの最強タッグによりミュージカル化したもので、2004年の初演から世界各国で上演を重ね、愛され続けている作品だ。その名作ミュージカルが2018年3月、待望の日本初上陸をはたす。

11月21日、都内で行われた製作発表には、厳しいオーディションを勝ち抜いた濱田めぐみ、平原綾香、大貫勇輔、柿澤勇人、駒田一、山路和弘、木村花代、三森千愛、島田歌穂、鈴木ほのか、コング桑田、パパイヤ鈴木、浦嶋りんこ、久保田磨希、小野田龍之介、もう中学生ら16名のプリンシパルキャスト、23名のアンサンブルキャストが集結。抽選で選ばれた200名の一般オーディエンスや取材陣を前に、歌唱披露が行われた。

eyecatch

「SECRET SPLENDOUR」囲み取材・公開ゲネプロレポート!

元宝塚歌劇団雪組トップスター 早霧せいな 退団後初ステージとなる「SECRET SPLENDOUR」が11月5日開幕した。

「Super StarsによるSpecialなShowtime」と銘打たれた本作は、早霧をはじめ歌やダンスの実力派が揃い、ジャズ、ポップス、シャンソン、ミュージカル曲にのせて様々なシーンを見せていく、スペシャルなエンターテインメントショーだ。

本番を明日に控えた11月4日、囲み取材と公開ゲネプロがTBS赤坂ACTシアターにて行われた。

eyecatch

宝塚歌劇 花組 TBS赤坂ACTシアター公演 Musical『ハンナのお花屋さん -Hanna's Florist-』通し舞台稽古レポート!

10月9日、宝塚歌劇 花組 TBS赤坂ACTシアター公演 Musical『ハンナのお花屋さん -Hanna's Florist-』が開幕した。花組トップスターの明日海りお、トップ娘役の仙名彩世が主演を務めるオリジナルミュージカルだ。初日前日、本番さながらに行われた通し舞台稽古を取材した。

eyecatch

ONWARD presents 劇団☆新感線 『髑髏城の七人』 Season月 Produced by TBS 製作発表記者会見レポート!

花・鳥・風・月・極の5シーズンにわたりキャストと脚本・演出を変えながら、大好評上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。その4つ目となる“Season月”は“上弦の月”“下弦の月”と称して劇団☆新感線でも初となるダブルチーム制を導入し、2つのチームが交互に上演を行う。

9月25日(月)、その両チームのメインキャストが一堂に会し、製作発表が行われた。会場となったチームスマイル豊洲ピットは、会見前から詰めかけたファンでごった返し、その熱気が充満していた。

山本匠晃TBSアナウンサーの呼びかけで壇上に登場したキャストは総勢12名。最後に捨之介役の二人が “月”にちなみ、福士蒼汰は白いファーが施された杵(きね)、宮野真守はうさぎの仮面を手にしてバルーンの中から現れた。二人が階段を駆け下り観客とハイタッチや握手をすると、会場はヒートアップ!黄色い歓声が場内を埋め尽くした。

eyecatch

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS プレスコールレポート!

9月15日、3シーズン目となる劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風が豊洲のIHIステージアラウンド東京で開幕した。開幕直前、プレスコールが行われた。

主人公<捨之介>とその敵役<天魔王>を松山ケンイチが一人二役で演じることでも注目のこの舞台。一人二役バージョンは“花”“鳥”“風”“月”シリーズで初めてなのはもちろんのこと、13年ぶりの復活になり、古くからの新感線ファンの期待も高まる。

また、新感線初参加組の向井理や田中麗奈、生瀬勝久がどんな“風”を吹かせるのかも見どころだ。

eyecatch

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"進化の夏" 公開ゲネプロ&キャスト8名囲み取材レポート!

2015年より、再演"頂の景色"を含めて5作目となる新作、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」"進化の夏"が9月8日TOKYO DOME CITY HALLで開幕した。インターハイ宮城県予選で青葉城西高校に接戦の末に敗北した烏野高校が、春高予選に向けて再び立ち上がる姿を描く本作は、熱気あふれるバレーシーンだけではなく、期末テストに悩む姿や下校の様子など、高校生としての姿も描かれる。また、今回から新たに梟谷学園や女子マネージャーを含む13名のキャストが加わり、シリーズ最多となる総勢30名のキャストが舞台を彩る。

開幕に先がけて行われた囲み取材には、須賀健太、影山達也、小坂涼太郎、三浦海里、永田崇人、近藤頌利、吉本恒生、結木滉星の8名と、演出のウォーリー木下が参加した。

eyecatch

ブロードウェイミュージカル「シカゴ」20周年記念ジャパン・ツアー プレスコール&囲み取材レポート!

昨年NY・ブロードウェイの初演から20年を迎えたメガヒット・ミュージカル『シカゴ』。今年7月、5年ぶり2回目のブロードウェイでの舞台を成功させた米倉涼子のロキシー・ハートが、日本に帰ってきた!

8月2日、待望のプレミアム公演初日に行われたプレスコールと囲み取材の模様をお届けする。

eyecatch

ダイワハウス presents ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」 プレスコール&メインキャスト囲み取材レポート!

これまで世界5大陸で上演され、全世界で80以上の主要演劇賞を獲得している大ヒット作品、ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」の日本人キャストによる日本初演の舞台がついに開幕!!

初日を4日後に控えた7月21日、劇中の見どころとなる4シーンの披露と、ビリー役の少年たち5名を含むメインキャストによる囲み取材が行われた。

eyecatch

宝塚歌劇 花組 TBS赤坂ACTシアター公演 Musical『ハンナのお花屋さん -Hanna's Florist-』制作発表記者会見レポート!

今年10月、TBS赤坂ACTシアターにて、宝塚歌劇 花組公演 Musical 『ハンナのお花屋さん -Hanna's Florist-』が上演される。7月12日に公演に先立ち行われた制作発表記者会見には、花組トップスターの明日海りお、トップ娘役の仙名彩世が出席し、本作の一部を披露。その後、作・演出の植田景子、宝塚歌劇団理事長・小川友次も加わり、公演に向けての意気込みなどを語った。

eyecatch

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS 製作発表記者会見レポート!

“花”“鳥”に続く「IHIステージアラウンド東京」こけら落とし公演・第三弾となる劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風の製作発表が7月11日に行われた。

新感線初参加のフレッシュな顔ぶれとおなじみのメンバー、そして劇作家の中島かずき、演出家のいのうえひでのり、更に謎の影武者(?)が壇上に集い、賑やかに行われた製作発表の模様をお届けする。

eyecatch

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』NY公演レポート!

米倉涼子、ブロードウェイ再び!ミュージカル『シカゴ』出演!

7月3日(月)《現地時間》米倉涼子がニューヨークのブロードウェイでミュージカル『シカゴ』の大舞台へのカムバックを5年ぶりに果たした。“米倉涼子、ブロードウェイに舞い戻る”と英語で書かれたビルボードが街行く人の目を引きつける。

eyecatch

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS プレスコールレポート!

豊洲の新劇場「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として85ステージを駆け抜け、大好評のうちに幕を下ろした劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花。

続く第二弾“Season 鳥”が6月27日、開幕した。今回は劇団に馴染みのある個性派キャストが顔を揃え、異なる脚本・演出で“花”とはまた違った魅力が詰まった新しい「髑髏城」に生まれ変わっている。“花”を観た人も必見の話題作だ。

初日の期待感が高まる中で行われたプレスコールの模様をお届けする。